フラット35金利と諸費用を比較する

フラット35の金利が史上最低水準で推移している現在、住宅ローンを組むのは今が絶好のチャンスとも言われています。
しかし、住宅を購入する際には、住宅取得費用以外に諸費用がかかることを忘れてはいけません。
具体的な内訳は、まず取得に関する諸費用では売買契約や工事請負契約などの契約書に貼り付ける印紙税、保存、移転のための登録免許税や司法書士報酬、表示登記のための土地家屋調査士報酬、不動産取得税、仲介業者へ支払う手数料などがあります。
これ以外にもローン手続きに関する諸費用もかかります。
住宅ローン契約書に貼る印紙税、融資手数料、フラット35物件検査手数料、火災保険料、抵当権設定のための登録免許税と司法書士報酬、更にオプションとして団体信用生命保険料があります。