ミックスローンの場合は諸経費は上がる?

ミックスローンを利用した場合、借り入れをするのにかかる費用の総額は上がることになります。
その費用は住宅ローンの借り入れ契約である金銭消費貸借契約を二本にすることにより発生する収入印紙代と抵当権設定の登記費用になります。
ただし、ミックスローンを利用したい人が説明を受けても借り入れをするのを止めるほどの金額ではありません。
変動金利や短期間の固定金利を利用するなら、目に見える金額であるその諸経費よりは将来の金利上昇の方を気にするべきでしょう。
ミックスローンで無く全額が変動金利や短期間の固定金利で、仮に3,000万円元本が残っているときに1%金利が上がったら年間30万円分の金利が上がるということを十分認識することが必要でしょう。
住宅ローンの審査に落ちたのはなぜ?